So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

86にオーリンズDFV [86・BRZ]

ここのところオーリンズダンパーキットが人気です。足回りブッシ
ュやLSD交換を済ませた86に、「OHLINS DFV」の装着です。
28-1.jpg
28-2.jpg

富士やモテギ、鈴鹿サーキットなど高速コースをメインに走られて
いるお客様。使用タイヤにも合わせて、仕様変更も施しました。
28-3.jpg

BSのRE-05Dは、86/BRZ レースの競技規定を満たしたタイヤです。
グリップはもちろん、発熱の良さそうなタイヤですね。
28-6.jpg

最後に4輪ホイールアライメントを調整して完了です。今回の作業
で足回りが一新できました。タイムアップ、期待できそうですね!
28-4.jpg
28-5.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

86LSDとファイナル変更 [86・BRZ]

トヨタ86はLSD交換と同時に、ファイナルギヤの仕様変更も実施し
ます。走行ステージに合わせて5.1から4.5に変更です。
21-7.jpg
21-8.jpg

LSDはクスコRSを2ウェイでセット。イニシャルは車両の仕様に合
わせて、ちょい弛めに調整しました。
21-2.jpg
21-3.jpg

キャリアへのセットはケースから。サイドベアリングのプリロード
を再調整します。数枚用意したサイドベアリングシムを選択して、
組み付け→計測→組み換えを繰り返します。ここが決まった後に、
一旦キャリアを空にして、ドライブピニオンのプリ調整に入ります。
21-4.jpg
21-5.jpg
21-6.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

86フルブッシュ交換 [86・BRZ]

富士スピードウェイをメインに走られているトヨタ86。今回は足回
りの違和感から、ブッシュやデフ、車高調などをリフレッシュしま
す。まずは一番深いところから、リヤメンバー脱です。
15-1.jpg

サスペンションアームやメンバーブッシュを全数交換します。部品
は、86/BRZレース認定部品のTRD強化品を選択しました。
15-2.jpg

リヤメンバーはこのサイズですから、二人掛かりでプレスへ。
15-3.jpg

アタッチメントが掛かるように、ブッシュのツバを擦り飛ばします。
メンバーを痛めないように削るのはスレスレまでに。ハンマーやタ
ガネが活躍する、結構なパワープレイです。
15-4.jpg

冶具は1セットでは間に合いません。色々な車種で作業して、増え
た工具たちが役立ちますね。よ~く考えて出来た組み合わせは、
こんな感じです。
15-7.jpg
15-5.jpg

パキン、パキンッ!といい音を鳴らしながら抜いていきます。
15-6.jpg
15-13.jpg

新しいブッシュが左側。ゴム強度アップ品です。
15-9.jpg

再び冶具をセットして圧入。
15-14.jpg
15-8.jpg

キレイに収まりました。
15-10.jpg

作業は、まだまだ序章ですね。こんなにブッシュたちが待っていま
す。ちょっと堪えましたので、今日はここまで。休み明けから再開
です!
15-11.jpg
15-12.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

86リーク量過大 [86・BRZ]

トヨタ86は約2週間放置するとバッテリーが上がって、掛からなく
なるという症状です。暗電流を計測してみると100mA程のリーク
量がありました。
30-1.jpg

電源回路や装着されたパーツをチェックしていくと、追加メーター
に原因があることが分かりました。この回路を断つと暗電流値が正
常な範囲に収まります。50mA以下が理想なところ、16mAですか
ら理想的な数値ですね。メーター内部で流れてしまっていたよう
です。
30-2.jpg
30-3.jpg

オイルクーラーも装着されているこの車両。サーキット仕様でもあ
りますから、追加メーターは必須のアイテムです。リニューアル品
にはデフィリンクメーターのアドバンスBFを選択。定番でいてタフ
なメーターです。
30-4.jpg
30-5.jpg






nice!(0)  コメント(0) 

ZN6クラッチオーバーホール [86・BRZ]

トヨタ86はクラッチオーバーホールです。富士スピードウェイでの
み、シフトが入りにくいという症状。
29-2.jpg

確かに市街地では分かりにくいレベルでしたが、クラッチが疑わし
いのでバラシてみると・・・
29-1.jpg

装着されていたのはメタルクラッチ。パフォーマンスのあるクラッ
チですが、酷使された影響かディスクが反ってしまっていました。
原因はココですね、クラッチを踏んでも切りきれない状態になって
しまいます。
29-3.jpg

今回の装着パーツは、EXEDYのウルトラファイバーディスクに強化
クラッチカバー、レーシングフライホイールの組み合わせです。
29-4.jpg
29-5.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

トラスト オイルクーラーKIT [86・BRZ]

車高調とエンジンオイルクーラー取り付けでお預かりのBRZ。
今回装着するのは、オイルクーラーはトラスト製10段コアのサーキットスペック
01.jpg
久々の車種別専用キット、取り付けに必要な部品も揃っていて、コア用の風道板までセット
02.jpg03.jpg
普段オイルクーラーのワンオフ製作が多いクロスロード、今回は普段より少し楽かな?

BRZにクスコLSD [86・BRZ]

ジムカーナをメインにサーキットもというBRZ。選択したされた
LSDはクスコRSの1Wayです。
0406-1.jpg
86・BRZはパワーの割にデフ容量が大き目です。今回はちょっと
抑え気味のセッティングにしました。
0406-2.jpg0406-3.jpg
競技やイベントが始まる季節になって、パーツ装着のご相談も
増えてきています。

BRZ用、大容量デフカバー [86・BRZ]

01.jpg
トラスト製のBRZ-86用、大容量リヤ、デフカバーの取り付けです
車両からリヤデフASSYを取り外し、純正のデフ、カバーを取り外し
大容量デフカバーへ交換です
02.jpg03.jpg
オイル容量にして約750CCの容量UP
サーキット走行など油温が上る状況で効果が有りそうです。

キャンバー調整 [86・BRZ]

仕上げにアライメント調整中の86の足はTEINスーパーレーシング。
1013-1.jpg
キャンバー調整には追加機構があって、偏芯カラーの組み合わせ
でかなりの調整しろがあります。キングピン角とのバランスもみながら
調整しました。
1013-2.jpg1010-3.jpg

TEINポリウレタンブッシュ [86・BRZ]

テインのポリウレタンブッシュの装着です。
86/BRZにラインナップされているうち、ほぼ全数の24箇所を
打ち替えました。各サスペンションアームにリヤメンバーブッシュ。
1010-1.jpg
特にリヤメンバーのブッシュ取り外しはかなり固い!SSTを使用して
パキン!と鈍い音をたてながら抜き取ります。
1010-2.jpg1010-3.jpg
各アームに装着したポリウレタンブッシュはピロボールにも匹敵する
位に滑らかに動くようになりましたよ。走りが楽しみですね。