So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
レクサス ブログトップ

レクサスNX300h鈑金塗装 [レクサス]

リヤの足回りにかなりのダメージを負ったレクサスNX300h。車輪
の位置が大きくずれてしまっています。
24-1.jpg

主な原因はこのナックルアームの破損です。ロアアームとの結合部
が割れて完全に分離しています。荷重がスプリングで持てず、バン
プラバーに直に載っている状態でした。
24-2.jpg
24-3.jpg

ハブやナックルアームなど、サスペンション回りのパーツをほぼ全
数交換。一旦アライメントテスターに掛けてチェックすると、メン
バーにも歪みがある事が分かりました。
24-4.jpg
24-10.jpg
24-11.jpg

再度足回りを分解して、サスペションメンバーAssyの交換です。
これでどうかな?と期待を込めてのアライメント測定。左右差の
大きかったキャンバー値がそろってきました。これならOKです。
24-5.jpg
24-6.jpg
24-7.jpg
24-15.jpg

足回り修理の見込みが立ったので、ボディ鈑金塗装の工程へ。ドア
交換以外はクォーターパネルの修正が必要でした。
24-8.jpg
24-9.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

レクサスオイル漏れ [レクサス]

レクサスUSF40は多走行の影響か、デフオイル漏れやプーリー破損
などのトラブルがありました。オイルシールの交換だけでは済まず、
コンパニオンフランジの交換も必要でした。
16-1.jpg

ちょうどシールが当たる部分が線キズになっていて、摩耗していま
す。デフオイルが飛び散ってエキゾーストに付着するほどになって
いました。
16-2.jpg
16-7.jpg

ラジエターは劣化からオーバーフローパイプ部が、ポッキリ折れて
います。まだ折れて間もなかったようで、オーバーヒートにならず
良かったですね。
16-6.jpg
16-5.jpg

ココはちょっとびっくりしたところ。ファンベルトのオートテンシ
ョナーが破損していました。ベルトでかろうじて抑えられていたよ
うで、外してみると、ふたつに分離してしまう程です。
16-3.jpg
16-4.jpg

今回は車検整備で色々な不具合が見つかりました。それぞれメンテナ
ンスできましたので、また快適に乗っていただけそうです!



nice!(0)  コメント(0) 

レクサスロアームブッシュ [レクサス]

レクサスLS460はロアームブッシュの劣化からタイヤの偏摩耗。
7-1.jpg
ブッシュ単品の供給がなく、アームAssyの交換となり、作業を進めていきま
した。ボールジョイント接続部は高剛性タイプのせいか、えらく固かったです。
7-4.jpg7-5.jpg
そこで活躍したのがこのツール。それでも張り付きが強くて、取り外しには
かなり苦労してしまいました。
7-2.jpg7-3.jpg
走行時のサスペンションジオメトリが狂っていたはずです。静止状態で良くても
走ってロードが掛かった時にアライメントがずれてしまってはいけません。
アライメント調整も特殊で、メンバー位置の調整が必要な車両でした。

レクサス ブログトップ