So-net無料ブログ作成
レガシィ ブログトップ
前の10件 | -

レガシィドライブシャフトブーツ交換 [レガシィ]

レガシィBP5はドライブシャフトブーツ交換です。オーナー様と足
回りチェック中に見つかりました。ショックやハブの計画は保留に
して、緊急ブーツ交換となりました。
16-1.jpg

「そういえば焦げ臭かったかも…」とのお話。ぱっくり割れたブー
ツからグリースが飛び散りキャタなどに付着しています。
16-2.jpg

左は切れてはいませんが、グリースが漏れて飛んでます。
16-3.jpg

オイルみたいに流れるほどグリースはトロトロ。オーバーホールに
はちょうど良い時期だったようです。
16-4.jpg

ブーツ交換、汚れも清掃してスッキリ。パワフルレガシィもこれで
安心して踏めますね!
16-5.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

BL5レガシィ ショック&ブッシュ [レガシィ]

足回りからの異音でご入庫いただいたBL5レガシィ。段差や旋回時
にギシギシ音が気になります。
26-1.jpg

静止時のガタこそありませんが、原因はショックアブソーバーから
でした。走行距離は9万キロ近く、無理もありませんね。
26-3.jpg

純正OPのビルシュタイン、良いダンパーです。オーバーホールした
いところでしたが、このカシメタイプはO/H不可なのです。
26-4.jpg

今回選ばれたのは、カヤバの「NEW SR SP」一度は付けた事ある
という方多いですよね。純正よりもスポーティーな味付けのショッ
クアブソーバーです。
26-5.jpg
26-7.jpg

アッパーマウントやブッシュ類もリフレッシュ。フロントアッパー
にはベアリングが仕込まれています。ココが渋るとステアリング操
作時にゴロゴロした感触になったりしますから、交換で滑らかにな
るのも期待ですね。
26-6.jpg

トランスバースリンクのリヤブッシュは、かなりの劣化。振動を吸
収してくれる部分ですが、劣化し過ぎるとアームが動いてしまって、
アライメント変化の原因にもなります。
26-8.jpg

リンクをプレスにかけて打ち替えです。方向性がありますので、マ
ークをして定位置に圧入します。
26-9.jpg
26-10.jpg
26-11.jpg

リヤショックはリヤシート裏からもアクセスして交換です。組み込
み後は1G締めを実施してから、アライメント調整へと移ります。
26-12.jpg
26-2.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

EVC&パワーチェック [レガシィ]

筑波サーキットをメインに走られているBP5レガシィ。全開時にブ
ーストが上がり過ぎるという症状です。EVCを装着してブースト値
の安定と立ち上がり向上を図ります。
9-1.jpg

ステップモーターの取り付けはココの位置。配管はスペースがなく
てちょっと苦労しましたが、キレイに装着できました。ECUからの
信号も使って結線します。
9-4.jpg
9-2.jpg

車両をシャシーダイナモのダイナパックに設置。初期設定などセッ
トアップしていきます。ピークブーストは抑え目にして安定させる
事を重視しました。
9-3.jpg
9-7.jpg

計測ギヤは4速全開。回転が徐々に上がっていき出力が計測されます。
9-8.jpg
9-9.jpg

結果はこの通り。点線が装着前(夏時期高温だったので条件がちょっ
とキビシイ日のデータ)で、実線が今回HKS EVC6装着後のデータで
す。気温の差があって同条件ではありませんが、トルク約5kg/mのア
ップは体感できる数値です。次回のサーキット走行、期待大ですね。
9-10.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

DINゲージ [レガシィ]

先日エンジンオーバーホールしていただいたBE5レガシィは、追加
メーターの取り付けです。Defi製3連メーター「DINゲージ」の装着
です。
2-1.jpg

油圧と油温の取り出しにはエレメントブロックを使います。フィル
ターとオイルクーラーの間に挟み込む形です。
2-3.jpg
2-2.jpg

DINゲージ本体。DINサイズにピッタリ収まる3連メーターです。
表示面のフルフラットなデザインはとてもキレイですね。
2-4.jpg

配線はフェンダーライナー内部を使って、純正のハーネスと同じ
取り回しで配線しました。
2-5.jpg

オーディオやパネルとも馴染んでイイ感じです。ドライバー側に
少し傾斜しているのも見やすそう。エンジンのコンディション管
理に役立ててくださいね!
2-6.jpg



nice!(1)  コメント(0) 

BE5エンジン搭載慣らしへ [レガシィ]

BE5のエンジンオーバーホールは、週末にエンジンが組み上がり
日曜日から始めたエンジン搭載作業が、本日完了しました。
14-1.jpg
14-2.jpg
14-3.jpg

エンジン本体の作業以外にも、ウォーターホースやオイルホース、
サクションパイプやPCV、フューエルホースなどなど、ゴム類の
パーツはほぼ全数交換。
フューエルインジェクターには、IRS製レベリングインジェクター
を選択。霧化の適正、噴射量は新品以上に均一になって調子が良く
なります。
14-4.jpg
14-5.jpg
14-6.jpg

始動後は慣らし運転にシャシーダイナモメーター、ダイナパックへ。
徐々に負荷をかけて、加工したてのシリンダーに良い当たりをつけ
ていきます。
14-7.jpg
14-8.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

シリンダーブロック加工完了 [レガシィ]

BE5レガシィのシリンダーブロックが、加工を終えて戻ってきました。
9-1.jpg

今回使用するピストンは0.25mmオーバーサイズ。新品部品とはいえ
1/100以下のわずかな寸法誤差があります。それに合わせたボーリン
グ加工技術は見事です。理想のピストンクリアランスで組み上げられ
ます。いつもながら内燃機屋さんに感謝です。
9-3.jpg
9-4.jpg

コンロッドはGDB後期用を流用します。スタッド&ナットタイプか
らボルトタイプへの変更。形状や肉厚など色々と改良されています。
このタイプからトラブルがかなり減りましたね。
9-2.jpg

クランクシャフトとコンロッドが、ブロックに組み込まれました。
9-5.jpg


930ポルシェのミッションは組み上がり、車両への搭載です。
9-7.jpg
9-8.jpg
9-9.jpg

ひとまず載りましたので、今日はここまでにします。ホース類など
細かなパーツも交換しながら、明日組み上げていきます。
9-6.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

BE5のエンジンと930のミッション [レガシィ]

BE5のEJ20はエンジンの分解点検していくと、想像以上の損傷個所
がありました。No,1ピストンが焼き付き状態です。何かしらの原因
で油膜が切れてしまったか、オイル管理や品質が悪かったなどが考
えられます。
13-1.jpg
13-2.jpg

ピストンリングがスティックするほどでしたが、幸いにしてシリン
ダー側は摩耗が少なくてワンオーバーのピストンで修復できそうで
す。
13-9.jpg

コンロッドメタルはやっぱり摩耗していました。このタイプのコン
ロッドは強度不足もあるので、今回はGDBのコンロッドを流用しま
す。
13-3.jpg

シリンダーボーリング加工が上がるのを待つ間に、シリンダーヘッ
ドのメンテを先に進めます。バルブ研磨やすり合わせ、ダミーのシ
リンダーブロックに載せてバルブクリアランスも先に。
13-4.jpg
13-5.jpg
13-6.jpg


930ポルシェのミッションオーバーホールは、追加部品を待っている
間に少しずつですが進めています。

カウンターシャフト側から、1.2速のハブスリーブを抜いていきます。
入りの悪い3速ギヤまで、もうちょっとです。
13-7.jpg
13-8.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

BE5のエンジンと930のミッション [レガシィ]

エンジンからコトコトと異音。BE5レガシィB4は、エンジンオーバ
ーホールに着手です。

同時期に、ミッション修理の930ポルシェもお預りしています。降ろ
したエンジンが並んでます。ともに水平対向ですね~。
29-4.jpg
29-5.jpg

EJ20は分解工程へ。異音の原因はもちろんですが、使えそうにない
部品もひろいながら分解していきます。ホース類は劣化が激しく、
ひび割れしている箇所がたくさんありました。
29-6.jpg
29-3.jpg
29-7.jpg

ヘッドを外してみると、燃焼状態が悪かった様子も。エアフロやO2
劣化気味だったのかもしれませんね。
29-8.jpg
29-9.jpg
29-10.jpg


930はエンジンごとミッションを降ろしての作業です。重量物が
降りたあとは、車両が揺れたししないように注意も必要です。
29-15.jpg
29-16.jpg

ミッションを割っていきます。でかいデフを抜いてから、ギヤを
ゴソっと外します。不具合の出ている3速の状態はどうかな??
29-17.jpg
29-18.jpg
29-19.jpg
29-20.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

レガシィ エンジンオーバーホール [レガシィ]

スバルエンジンのオーバーホールが重なってきました。98年式の
BG5レガシィは大量の水漏れが原因になり、オーバーヒートのトラ
ブルです。
28-10.jpg

ヘッドガスケット部からのリークをチェックします。試験液の反応がなく、
ひどい排ガスのリークはなさそうです。ただターボ車の場合は、過給時
のみリークするなんていう事もありますので要注意です。
28-11.jpg

車両から降ろしたエンジンは補機類を外してスタンドへ。ブロックとヘッ
ドを分離して、割ったブロックからクランクピストンなどを取り出します。
28-8.jpg
28-9.jpg
28-1.jpg

シリンダーヘッドやブロック上面のひずみはストレートエッジで計測。
ボアはシリンダーゲージを使います。計測結果はNo.4シリンダーの
スラスト方向が規定値を超えて摩耗してしまっていました。
28-5.jpg
28-7.jpg
28-6.jpg

一番の問題は上のピストン。タテ傷がかなり入っています。シリンダーと
同じくNo.4。今回のオーバーヒートが原因か、これまでのオイル管理から
くるものなのかは難しいところです。

ワンオーナーでとても気に入ってらっしゃる車両です。できれば直して乗り
続けたいというお客様。修理プランを何通りかご用意して、お見積りご連絡
させていただきます。
28-3-4.jpg
28-3.jpg




シリンダーヘッドは無事? [レガシィ]

24万KM走破のBH5レガシィ。ツインターボEJ20はパワフルでファン
も多いですね。このクルマも新車の頃からメンテナンスで診させてもら
っています。

今回は電動ファントラブルで水温が異常上昇です。ヘッドの抜けが
心配でリークテストをしてみます。
液剤の入った容器を用意して、ブルーになっていることを確認。
24-2.jpg

ラジエターキャップ部にセットして負圧で吸わせます。ヘッドガスケット
部から排ガスが漏れているようなら青から黄色に変化します。

結果は、「セーフ」 ひとまず安心の結果です。ブーストが掛かった時
のみリークするという場合もありますので経過チェックは必要ですね。
24-1.jpg


コチラは、エンジンオーバーホール中のBP5レガシィ。
バルブクリアランス調整の様子です。調整はリフターを交換するタイプ。 24-4.jpg クリアランス測定→計算→カム脱着→リフター交換→また測定と
いった流れです。 規定値内に合わせるのはもちろん、差も1/100単位で詰めていきます。 オーバーホールの中でもかなり大切な作業で、音質や回転具合は 新車以上のいい感じになります。 24-5.jpg 24-3.jpg

前の10件 | - レガシィ ブログトップ