So-net無料ブログ作成

GC8Gエンジオーバーホール [オーバーホール]

GC8の最終G型、希少なカシミアイエローのインプレッサはエンジ
ンオーバーホールでお預りしています。
25-1.jpg

走行は10万キロに満たない状態のよい個体です。エンジンから僅か
な異音が出始めていますが、今の内なら部品も抑え目でできるかな
とO/H着手です。エンジンスタンドに掛けて分解待ち。
25-2.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

ヘッドガスケットは無事?? [インプレッサ]

今日はGDBのトラブルチェックに富士スピードウェイに行ってきま
した。朝イチはちょっと雨降りでしたけど、テストする頃には上が
ってちょうどいい感じです。
19-0.jpg

心配だったのはヘッドガスケット。ラジエターリザーブタンクにガ
スケット抜けのような症状が出る時があります。
負荷を掛けた走行後にピットでリークをチェックしましたが、今回
はテストフルードに反応はありませんでした。ひとまずリークはな
さそうです。エンジン開けるのはもうちょい先にしましょうという
事になりました。
19-1.jpg
19-2.jpg

スポーツ走行のある日曜日が久しぶりだったからか、今日は賑やか
でしたね。コースもパドックも2輪4輪でいっぱいでした。
19-4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

新役員の紹介について [お知らせ]

クロスロード小山は本年度より新体制となりました。
新役員を紹介させていただきます。

代表取締役社長
小山 範夫

以上、宜しくお願い申し上げます。

外観3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

GRBエンジン組み立て [オーバーホール]

今はエンジンらしい形になっているGRB用のEJ20。ちょっとさか
のぼって組み立ての様子を紹介します。
21-0.jpg

ピストンやメタルのクリアランスを確認したブロックは、キレイ
に洗浄して組みたて用のスタンドに。メタルにはペーストを塗っ
てスタンバイ。
21-1.jpg
21-2.jpg

組み付け前に確認したピストンやコンロッドの重量はピッタリ
でした。コンロッドをクランクに組み込んで、片方のブロック
にセットします。
21-3.jpg
21-4.jpg
21-6.jpg

2番4番にブロック通し用のケーブル結んでおきます。このあとは
ちょっとパワープレイ。シールを気にしながら二人両手をフルに
使ってブロックをドッキングです。
21-7.jpg
21-8.jpg

メインボルトはARP製。両サイドから規定トルクで締め付けます。
21-5.jpg
21-9.jpg 
21-10.jpg
21-11.jpg

このあとはまた・・・


nice!(0)  コメント(0) 

ダッジチャレンジャー4輪アライメント [アライメント]

最近のアライメント調整では、ダッジのご入庫が重なっている感じ
です。今回調整させていただいたのはチャレンジャー。左流れやス
テアリング位置ずれの症状です。
9-1.jpg

サービスホールから調整するためにリフトアップ。タイヤを外して
アクセスします。アジャストボルトは錆も少なく良い状態です。
9-2.jpg
9-5.jpg

ダブルウィッシュボーンの足。出し入れの効くアッパーアームは、
調整しろが残っていたので左流れを消せました。
9-3.jpg

ステアリングのセンター出しには繰り返し試運転しましたが、いい
位置が出せましたよ。最後にサイドスリップも確認してOKです!
9-4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

ブレーキローター研磨 [一般整備]

ブレーキトラブルで熱が入ってしまったディスクローター。当たり
面修正のローター研磨です。
24-3.jpg

特殊なスリットパターンが入っていますので、刃の送りを少な目に
して研磨していきます。
24-2.jpg
24-1.jpg

研磨途中。若干歪みが出ているようで、切削面がまだらに。均一面
を出せるように更に研磨を進めます。
24-4.jpg
24-5.jpg

0.1mmの研磨量でキレイな平面が出せました。ほとんど摩耗して
いなかったローターなので、これなら再使用可能ですね。
24-7.jpg
24-6.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

ダッジラムSRT-10のホイールアライメント [アライメント]

2005年ダッジラムSRT-10は、フロントタイヤが偏摩耗するという
症状でご入庫いただきました。
13-1.jpg

超ハイスペックなエンジンが搭載された車両です。慎重にロードテ
ストに出ると、中速でも感じるような左流れも確認できました。
13-2.jpg

調整箇所はアッパーアームの付け根。長穴スライドタイプです。
13-7.jpg

流れはキャンバー差が原因、偏摩耗はトーの過大でした。キャスタ
ーとのバランスを見ながら調整。ローダウン車両なので調整域に限
界もありますが、これならOKでしょうという数値にまでもっていけ
ましたよ。マーキングして完了です。
13-6.jpg
13-4.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

ダッジチャレンジャー4輪アライメント [アライメント]

1970年ダッジチャレンジャーR/Tのホイールアライメント調整です。
06-1.jpg
6-9.jpg

ローダウン車両なのでフェンダークリアランスは極小。調整毎にホ
イールを外す必要があります。その先にあるのが調整用のサービス
ホール。アッパーアームのカムボルトが見えてきます。
6-3.jpg
6-6.jpg
6-5.jpg

スポーツ走行に振ったクルマだからか、キャスター値は少な目の
車両でした。調整範囲は限られていましたが、直進性を確保しつ
つ片減りしにくい位置にセットできました!
6-8.jpg
6-7.jpg
6-2.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

3/16(土)はNAPAC走行会です! [お知らせ]

富士スピードウェイで、今年も恒例のNAPAC走行会が始まります。

第一弾は3/16(土)に開催されます。クロスロード小山でも受付
していますので、ぜひエントリーお待ちしています!
napac28.jpg

併催イベントに、ENDLESS サーキットミーティング<ファン感謝
走行会>やマツダ ロードスター パーティーレースが開催されます。
NAPAC会員パーツメーカー出展もある賑やかな走行会イベントです。

■詳細ホームページ(PCサイトで閲覧ください)
https://www.napac.jp/blog/?cat=6

うちの車も支度中…一緒に楽しみましょう!
22-1.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

レガシィドライブシャフトブーツ交換 [レガシィ]

レガシィBP5はドライブシャフトブーツ交換です。オーナー様と足
回りチェック中に見つかりました。ショックやハブの計画は保留に
して、緊急ブーツ交換となりました。
16-1.jpg

「そういえば焦げ臭かったかも…」とのお話。ぱっくり割れたブー
ツからグリースが飛び散りキャタなどに付着しています。
16-2.jpg

左は切れてはいませんが、グリースが漏れて飛んでます。
16-3.jpg

オイルみたいに流れるほどグリースはトロトロ。オーバーホールに
はちょうど良い時期だったようです。
16-4.jpg

ブーツ交換、汚れも清掃してスッキリ。パワフルレガシィもこれで
安心して踏めますね!
16-5.jpg


nice!(0)  コメント(0)